すぐに使えるクラスルームイングリッシュ~指示編~ Make groups!

すぐに使えるクラスルームイングリッシュ~指示編~ Make groups!

~指示編~ Make groups!

グループを作ってください!

アクティビティーで児童をグループ分けする時の一言

児童はグループ学習が好きなので、

コレを言うと一気にモチベーションが上がりますよねアップ

クラスは「班」で分かれているので、基本的にはその班で分かれますね。

私としては・・・

いつもと違うメンバーでやらせてあげたいな~おねがい

なんて思う時も多々ありますが・・・あせる

45分という限られた時間の事も忘れてはいけないので

私が一番よく使うのが上差し

Let’s make lunch groups!

給食の班になりましょう!

この指示を一度学習すれば、2回目以降はスムーズに分かれられますグッ

 

発音のコツ

make(メイク)とgroups(グループス)の間に小さなを入れないように心がけましょうビックリマーク

メイクの「ク」とグループスの「グ」はあまり分けようとせず、つなげる感じで。

「ク」の音を小さめに短めにして「グ」を発音したらOKOK

Make groups

メイルーを強めに発音すると更にGoodグッ

 

どんな風に使うの?

先ずは、アクティビティーでこれからグループに分かれて何をするか指示しましょう上差し

グループに分かれた後に何をするか、明確でないといけません

これは意外と大切ですニコニコ

児童はグループになること自体が楽しいんですね音譜

クラスによっても差があるかもしれませんが、

必ずザワザワしますニヤリ

グループになってから大切なことを伝えようとすると

時間がかかり、スムーズに進行できなくなりがちですあせる

アクティビティーの説明が終わったら

Make groups!

の出番ですビックリマーク

私は個人的にLet’s~!(~しましょう!)を前に付けるのが好きなので

Let’s make groups!

と言いますが、もちろん付けなくてもOKOK

その後に、グループの数はいくつなのか?

あるいは、何人グループを作ってもらいたいのか?

をハッキリと伝えます上差し

4つのグループ作ってもらいたい時

Make four groups!

5人組のグループを作ってもらいたい時

Make groups of five!

似ているようで違いますね汗

日本語でも児童が勘違いすることがありますので、

ココはしっかりジェスチャーを付けながら指示してあげましょう!!

ちなみに・・・

ペアになってもらいたい時は

Make pairs!(メイク ペアーズ)

列になってもらいたい時は

Make a line!(メイヵラーイン)

明日から使ってみて下さいねラブラブ