kikko先生(きっこ先生)はこんな人

講師紹介

「Kikkoせんせい」はこんな人


名前    前田喜久子(まえだきくこ)
出身    東京都
生年月日  1970年11月11日
血液型   O型
好きなこと 料理、テニス、旅行
最終学歴  麗澤大学外国語学部英語学科卒業
語学留学  オーストラリア・シドニー州立大学
資格    中学校・高等学校教諭一種免許
NPO法人J-SHINE小学校英語上級認定指導者
NPO法人イングリッシュベビーサイン協会 認定講師
家族構成  夫と息子ひとり
過去勤務先 石神井東小学校、下石神井小学校、
石神井小学校、上石神井小学校、石神井台小学校
三原台中学校、豊渓中学校

2000年に初めて児童英語講師として練馬区立の小学校で英語を指導しました。1年生から6年生までの全学年を担当し、そこで子供たちの能力の素晴らしさを実感しました。以後、毎年、派遣される区立の小学校で子供たちと共に学ぶ日々が続きました。その経験を活かし、2005年に自宅での児童英会話教室を開設しました。また、2015年に中・高教員免許を取得したのをきっかけに、区立中学校でも英語の指導を始めました。教室や学校での指導を通して、大人からの一方的な指導ではなく、子供たち同士が「共に学び合うこと」がいかに大切かを知らされました。英語だけでなく、お友達と刺激し合い、いろいろな「気付き」があるような教室作りを心がけていきたいです。

「Kikkoせんせい」はこう思う。

「児童英会話」という言葉は今では子育てをしている方々の間ではよく聞かれる言葉になりましたが、私が幼い頃にはそのような言葉は存在しなかったように思います。「英語は中学校から」が当たり前で、「文法中心の授業こそが大切!」の時代に育った私にとって、児童英語講師になるまでにはかなりの労力が必要でした。フォニックス教授法やリズム指導法、絵本指導法などなど…。勉強しながら、「こんな方法があったんだ!」「こんなやり方で教えてもらっていたらどんなに英語が楽しかっただろう!」と痛感しました。
練馬区立の小学校で英語指導を始めて毎回驚かされることは、子供たちが聴いたとおりに発音できる耳を持っていること。特に低学年、中学年は素晴らしく、外国語に興味深々で、日本語に存在しない音もきちんと聴き取り、そして正しく発音することができるのです。成長するに従い、日本語に存在しない音を無意識のうちに日本語の音に変換してしまうことが多くなり、また恥ずかしさも助けになってしまい、うまく発音できなくなってしまうのです。
まだ耳が柔らかいうちに、色々な「音」を聴かせるのは、どんな言葉でも大切だと感じています。少しでも多くの子供たちにそのことを実感してもらい、「英語が楽しい」ことに気がついてもらいたいと思っています。


講師紹介

ネイティブ講師:Nickせんせい


名前 Nick Hinchcliffe(ニック ヒンチクリフ)
出身 イギリス
職業 Assistant Language Teacher(ALT)
好きな食べ物 お寿司
嫌いな食べ物 納豆
過去勤務校
大泉西小学校 大泉西中学校 八坂中学校 田柄中学校

来日してからずっと小・中学校でALTとして英語の指導に励んでいます。4年前にKikkoせんせいと勤務校先で出会ったのをきっかけに、この教室でも指導することになりました。中学校での指導はもちろん楽しいですが、毎月、教室の小学生との触れ合いは、私にとって大きな喜びとなっています。

ネイティブ講師:Viせんせい

名前    Vibhor Bhatnagar (ヴィーボル バトナガル)
出身    インド・デリー 生年月日
生年月日  1991年7月29日
職業    英語講師
最終学歴  上智大学大学院 地球環境学研究科卒業
テンプル大学 大学院教育学研究科 TESOL修士課程

勤務校   神田外語学院

練馬区立の小学校でAssistant Language Teacher(ALT)として3年間指導してきました。この経験を最大限に活かし、今後はこの教室でレベルアップコースを担当します!デジタル教材で最新のレッスンスタイルを作り、子供たちが自ら発信できるようなクラスを提供します!日本語も日常会話レベルでできます♪