BLOG Kikkoせんせいのブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

すぐに使えるクラスルームイングリッシュ~ほめる編~

小学校の先生必見!すぐに使える簡単なClassroom English♪ほめる編

ほめる編~Good job~

Good job! よくできました!

アクティビティーや発表の終わりなど、児童が何かをやり遂げた時に、

その頑張りをほめる時に使う一言

私はいつもその児童に見えるように

親指を立てて言うようにしています👍

発音のコツは?

グッドとジョブを切り離して発音しないこと!
どうしてもGoodの最後の「d」を見ると「ド」を入れがちですが、ここは我慢です。
「d」は発音しないで、一気に「グッジャーブ」と言いましょう!
ちなみに、jobはジョブではなくジャーブ。最後のブの音は少し小さめに発音します。

子どもはほめられるのが大好き💕

ほめる時は元気に「頑張ったね」の気持を込めて

大きな声で伝えてあげましょう 😉

どんな風に使うの?

Good jobは・・・

インタビューゲームなどのアクティビティーを終えた時や、

Show & Tellのようなグループ発表を終えた時、

ゲームに勝った時など

何かを「やり終えた」時に使います。

Good job!と言いながら拍手をしてあげると

より児童に伝わりやすく、

また他の児童も「あんな風に自分もやってみたい!」

とクラス全体のモチベーションをあげられます!

たった一言で!?

と思われた先生、いらっしゃいませんか💦❓

何度も言いますが

人はだれでもほめられたら嬉しいんです🎵

私だってあんな風にほめられたいな~💕

って思うのが自然なんです。

発表を恥ずかしがる児童は少なくありません。

でも、やらされるより、

自分でやりたい!って思わせたいですよね😏

私は、Good job!のすぐ後に

Well done!って付け加えることが多いです。

基本的に同じ意味ですが、

すごいね!よくやったね!

みたいな感じで、ダブルでほめちゃいます😋

是非、今日から使ってみて下さいね💕

CONTACT お問い合わせ

楽しく学んで、自然に身につく英語教室です。
まずは無料体験からスタートしませんか?