BLOG Kikkoせんせいのブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

すぐに使えるクラスルームイングリッシュ~指示編~Listen!

小学校英語ですぐに使えるClasroom Englishの紹介♪指示編~Listen!~

指示編~Listen~

聞いてください!

児童に集中して聞いて欲しい時に使う一言

特に教室がザワザワしている時には

Shhhh. Listen👆

ってな感じにListenの前に「Shhhhh シーっ!」

って言って静かにさせてから使うとGood👍

私はよく片方の耳に手を当てながら言っています👂✋

発音のコツは?

「リッスン」のように、小さな「ッ」の音を入れがちですが、

本当は「リスン」でOK👌

「リ」の音のアクセントを強めにして発音するとキレイです。

児童に「今はよく聞くところだよ~」という気持ちを込めて

力強く❕

でも口角を上げながら言うようにしたいですね😉

どんな風に使うの?

ゲームの説明をする前や

ALTの発音を聞く時

CDを使ってリスニング活動をする時

一つの活動から他の活動に移る時には、児童はザワザワしますよね💦

(逆に、シ~ンとしてたらかえってやりにくいかも😋)

注意して聞いてもらって、児童が次に何をすれば良いのかを

しっかり理解させるために

Listen!

というキホンの指示で、授業にメリハリをつけましょう!

ちなみに・・・

ALTの発音をしっかり聞いて欲しい時には

Listen to Mr. ~.

CDを聞いて欲しい時には

Listen to the CD.

など、具体的に聞いて欲しい対象がある時は

Listen to ~で表現できます。

For Your Information

「listenとhearの違いは?」

よく中学生が聞いてきます。

知っている人も多いですが・・・一応

listen:自ら意識的に「聞く」・耳を傾ける

Listen to Mr. Black!(ブラック先生の発音を聞いて!)

hear:音が「聞こえる」・耳に入ってくる

What do you hear?(何が聞こえましたか?)

是非、今日から使ってみて下さいね💕

CONTACT お問い合わせ

楽しく学んで、自然に身につく英語教室です。
まずは無料体験からスタートしませんか?